headband

ガチャピンといったらWiMAX?

ガチャピンと言ったら、「ひらけ!ポンキッキ」から生まれた国民的なマスコットですね。

日本人ならきっと誰もが1度は見たことがあるでしょう。

なんでもできますしね。

そんなガチャピンですが、最近WiMAXのマスコットにも起用されていますよね。

しかも青だったり、ピンクだったり。

非常に細かい話かもしれませんが、どうして、「青」なんでしょうか?

その秘密に迫りたいと思います。

そもそも名前が違うんです!

青いガチャピンやムックですが、実は通常のガチャピンやムックではありません。

名前が違うのです。

青いガチャピンのことを「ブルーガチャ」

青いムックのことを「ブルームク」といいます。

公式サイトの情報によると、彼ら2人はWiMAXのイメージキャラであり、インターネット上のストレスに悩まされている人々を救う、「WiMAXの使者」なんだそうです。

なんだか壮大なマスコットですね。

ちなみに、何故「青」なのかというと、UQコミュニケーションズの企業カラーが「青」だから、ブルーガチャやブルームクが生まれた模様です。

ブルーガチャはどこからやってきたの?

そもそもブルーガチャは地球上の生物ではありません。

地球にはあんな青々しい生物はいませんよね?

ではどこからやってきたのでしょうか?

公式ホームページに載っている情報を元にすると、ブルーガチャの生まれた星は、地球ではなく、「ブループラネット」という、別次元にある惑星なんだそうです。

とってもSFチックですね。パラレルワールドってやつになります。

ちなみに、ブループラネットは地球そっくりの星なんですが、すべてが「青い」そうです。

どの生物も全身が青い。…よくよく考えると、ちょっと怖いですよね。

今はピンクのガチャピンも生まれています。

ブルーガチャが地球にも慣れた2015年の秋。

ブルーガチャは新しいスマホ(UQmobile)と出会いました。

その結果、ブルーガチャの身体に異変が!

なんと、UQmobileの持つ魅力に胸をキュンキュンと打たれてしまったのであります!

その結果、…もうわかりますよね。色が突然変異でピンクになってしまったのです。

これは、まぁ蛇足なんですが、一応豆知識として紹介しておきます。

pagetop